注意・禁忌事項

アロマセラピー トリートメントは、正しい知識を持って行えば、優しく穏やかな自然療法ですが、より安心して施術をお受けいただくために、注意が必要なこと、禁忌事項がございます。

下記に該当する方はご注意ください!

アロマサロンPrea

◆医師の治療中・服用中

血圧の異常・心臓疾患・脳血管疾患・糖尿病・喘息・癲癇・悪性腫瘍・重度の内臓疾患・動脈硬化症・手術後・感染症・骨折・脱臼・リウマチ・体内金属(ペースメーカーなど)がある方など。

※軽度の疾患で施術が可能な場合にも、必ず医師の許可が必要です。

 

◆発熱時

◆皮膚病、炎症、お肌に疾患があるとき

◆日焼け直後の火照りがあるとき

◆妊娠中(当サロンでは初期から後期まで含め、妊娠中のトリートメントはお断りしております)

◆予防接種を受けたあと(インフルエンザ予防接種後1週間は避けて、腫れが治まってからにしてください)

◆飲酒後

◆食後すぐ(食後1時間(最低でも30分)は避けてください・また極端な空腹時も避けるようにしてください)

◆月経中でも施術をお受けいただくことは可能ですが、経血量が増える可能性がございますのでご注意ください。

 

◆施術中の圧(力加減)についての注意

圧の強弱に関しましては、可能な限りご要望にお応えさせていただきますが、これ以上強い圧はクライアント様のお体にとって良くないと判断した場合には、ご要望にお応えしかねることもございますので、予めご了承ください。


アロマセラピーは医療行為、医療類似行為ではございません。

アロマセラピーは、ストレスや疲労などから起こる様々な心身の不調の緩和や予防、美容と健康の増進、心身のリラクセーション、リフレッシュにお役立ていただくものであり、病気を治療するものではございません。

 

アロマセラピーは、原則、自己責任で行うものとなっております。

以上の事柄をご理解、ご納得いただきました上で施術をお受けいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。