芳香浴の楽しみ方 ♪

アロマテラピー ディフューザー

こんにちは。

箕面市 女性専用のアロマサロン Prea のホームページ、ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます(´▽`)

 
今日はアロマテラピーの簡単な取り入れ方の一つである芳香浴についてのお話です♪


精油には、柑橘系、ハーブ系、森林系、フローラル系、樹脂系など、様々な種類があり、各精油に含まれる成分によって、気分をスッキリ、リフレッシュさせてくれたり、ゆったり癒されリラックスさせてくれたり、心身のバランスを保つのにも役立ちます(*'▽')

どのような成分が、心と体にどのような働きをもたらすのか、それももちろんですが、何よりご自身が心地よいと感じる香りを嗅ぐことが一番大切です!

芳香浴にも様々な方法がありますが、ご自宅でディフューザーなどを利用して芳香浴を楽しんでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか♪

可愛くオシャレなディフューザーやアロマランプも色々販売されていて、私もインテリア雑貨店などで見つけては、つい買い足したくなってしまします(;´∀`)

ディフューザーがない場合でも、ティッシュに精油を1~2滴垂らし、そばに置いておくだけでも香りを楽しむことができます。これも手軽な芳香浴の一つなんですよ♪

そこで大切なのが、精油の「適量」です!
皆さんは、ディフューザーなどを使用するとき、精油をどのくらい使用していますか?

「あまり気にせず適当に垂らして使用している」というお声を耳にすることもありますが、やはり芳香浴でも精油の適量というものがあります。

お部屋の広さにもよりますが、1~5滴ほどが適量です。

思ったより少ないと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですが、この程度の量でも十分に香りを楽しめます(*'▽')
どんなにお好みの香りでも、強すぎると気分が悪くなってしまうこともありますので、ご注意くださいね!

また、あまり長時間付けっぱなし、香りっぱなしにするのもよくないので、タイマーが付いているディフューザーなどは調整しやすくオススメです(*'▽')

お子様や妊娠中の方は、精油の使用量を通常の半分程度の量にするなど、調整してお使いください。
気分が悪くなったら、使用をお止めくださいね!

アロマキャンドルなど火の気のあるものを使用する際は、取り扱いに十分ご注意いただき、就寝時には必ず消すのを忘れずに!

そしてディフューザーのお手入れも忘れてしまいがちですが、大切です!
お手入れをせずに繰り返し使い続けていると、カビなどの原因にもなり、香りにも影響が出てしまいます(>_<)

それぞれの取り扱い説明書に従って、お手入れを行ってくださいね♪

リフレッシュ&リラックスに、お好みの香りで芳香浴をお楽しみください(´▽`)♬